物作り大好き母娘が交代で毎朝5時更新中♪ 
2012年02月07日 (火) | 編集 |
ローズウィンドウ風a
津山和紙 桜色・竹色使用



ローズウィンドウ風a
グランマが大好きな蝶のモチーフ





今回も「図書館で偶然一目惚れ本シリーズ」の初めて挑戦作品です。

ローズウィンドウとは薄い紙を重ねて表現するペーパーアートの事で
専用の極薄用紙や専用の枠を必要としますが、高価で取り扱い店も少ないので
お姉ちゃんからのお土産で頂いた津山和紙を代用してみました。

写真では白と緑の折り紙のように見えますね
実物は少し透過性が有り、和紙の質感が心を和ましてくれます。

今回は初めての挑戦という事もあり、本書では3色パターンの組み合わせ指示の作品を
2色パターンに組み替えて切り抜いてみました。

同じデザインでも、切り抜き模様と色の組み合わせ方により
多種多用な表現が出来るので、
ゆかちんオリジナルデザインのパターン作りも楽しんでみようと思います♪




はじめてのローズウィンドウ

中山真季 著

2009/2/1 グラフィック社出版


  



ローズウィンドウとは・・・
もともとはヨーロッパの教会を飾った、「バラ窓」という円形の
ステンドグラスを指す言葉です。その美しい光を身近に取り入れ
られるようにと、主にクリスマスを彩る紙の工芸品として、広ま
りました。-------- (本書より抜粋)




パターンとしては、薔薇窓本来の「光で表現する神秘的な幾何模様」である
ステンドグラス再現作品は少なめで
モチーフ (水玉・花・星など) を扱った作品が多数紹介されています。

アロマテラピーアドバイザーとして活躍中の著者は
色彩・模様の研究や独自のデザイン創生の過程で、ローズウィンドウには
ストレス解消などのヒーリング作用がある事に気付かれたそうです。

本書に「ローズウィンドウは美は芸術療法の目的を果たすとされる
シュタイナー教育で行われている工芸の一つ」と紹介されていました。
芸術鑑賞や作品の創造により心を解放、本来の心を取り戻すと言った
心の問題の原因となるストレスの緩和にも役立てられているそうです。

医療の世界でも、アート作品の持つ癒しの力が実践されているだなんて
とても素敵な事ですね♪

物造りの間は心穏やかに集中出来ますし、
完成作品を眺めているとホッと胸が軽くなりますよねw
これからも色んな物造りの過程を楽しむと同時に
心も癒して貰おうと思います






 by ゆかちん


 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ いつもありがとうございます。
 応援ポチ宜しくお願いします。



  



      すてき~

          特に回りにちりばめた蝶  今度私にも作ってくださいな

                                byグランマ
 
コメント
この記事へのコメント
>グランマへ♪
面白い所にコメント有難う(笑)

周りに散りばめた蝶は、次作を気に抜いた時に作りました。
きっとグランマ好みだと思っていたので大正解w

このコ達はグランマに差し上げますので貰ってあげてね♪
 
2012/02/07(火) 09:42:52 | URL | ゆかちん #-[ 編集]
ありがとう
ちょっと  コメントをみんなに見せたくて 
下書きのほうにもコメント入れました。
2012/02/08(水) 06:16:06 | URL | グランマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック