物作り大好き母娘が交代で毎朝5時更新中♪ 
2011年07月03日 (日) | 編集 |
初めてのハーダンガー刺繍 1

Hardanger
ノルウェーの伝統刺繍ハーダンガー


スモッキングに手を出したばかりなのに
一緒に図書館で本を借りてきた「ハーダンガー」も素敵だったので
どうしても刺してみたくなりました。

白刺繍のドロンワークと似た手法ですが、こちらでは外周を
ボタンホールステッチでかがり、切り取って形作ります。

またしても適した生地が見当たらず、手元にあったメッシュ地を利用しました。
ナイロンで敗れやすく、しかも長方形という難題を抱えていますが
出来る範囲で楽しんでみる事にしました。

練習して少しでも上手になったら、適した生地を買って貰えるかなぁ。
東向きの出窓カウンター専用のドイリーを作るのが目標です(^m^)



by ゆかちん
  

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ blogram投票ボタン
ブログランキングに参加しています。
応援ポチ宜しくお願いします。



ストレートステッチ&カットの様子は↓の「日記の続きを読む」をクリックして下さい
 


【ストレートステッチ】

初めてのハーダンガー刺繍 1
刺し始め → 生地の表側から最初のブロック角まで斜めにすくう
 

初めてのハーダンガー刺繍 1
糸端を少し表に残しておき、右から左へと針を入れる


初めてのハーダンガー刺繍 1
端を隠した最初のブロックが終わると、生地の向きを変えて次のブロックに移る


初めてのハーダンガー刺繍 1
同様にストレートステッチでブロックを刺していく

糸切れの場合はステッチの裏面で糸端を隠しながら、ブロックが一周するまで続けていく
今回は左の模様に合わせる為、糸端の始末をしながら飛び石ブロックになっています


初めてのハーダンガー刺繍 1
ストレートステッチの完成

後で周囲にボタンホールステッチ → カッティングするので、ブロックを増やしていきました
(参考にした本では外周をストレートステッチ → 更に外周をボタンホールステッチの順になっています)




【グレイティングカット】

初めてのハーダンガー刺繍 1
反り刃のハサミを使います。刃先をステッチの際に当てて慎重にカットしていきます


初めてのハーダンガー刺繍 1
本来なら刺繍用の糸を残しながら切り、1本ずつ抜いていきますが
今回はもろいメッシュ地が次々と千切れていくので、刳り貫いてから糸を追加しました

次回は飾り刺繍を入れて行きたいと思います(^^)

    
コメント
この記事へのコメント
すごいですぅ☆
なんて細かい作業っ!
尊敬します^^ 
2011/07/04(月) 02:02:59 | URL | どーろん #-[ 編集]
Re:すごいですぅ☆
>どーろんさん♪

いぇいぇいぇいぇ
もぅ、雑すぎて若干落ち込みながら作りました。
お手本とはあまりにもかけ離れてまして(^^;)

ですが、その分「練習して物にするぞぉ」と燃えております。

繊細な刺繍細工は憧れますね♪
 
2011/07/04(月) 06:11:09 | URL | ゆかちん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック